【Word】保護されたビューをオフにする方法

スポンサーリンク
この記事は 約3 分で読めます。

f:id:rikei_iot:20180518201742p:plain

メールの添付ファイルやネットワークから取得したWordファイルを開くと、たびたび「保護されたビュー」というモードで開かれます。

今回は、この機能をオフにして消す方法をご紹介します。

 

理系王子
理系王子

ちなみに、Office/Word/Excelに関する記事で人気なのはこちらの記事です。こちらもぜひお読みください。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

「保護されたビュー」とは?

Wordにおける「保護されたビュー」は、ファイル内に埋め込まれた有害なコンテンツを想定し、Wordファイルを安全に確認する読み取り専用モードです。

Wordを安全に開ける一方で、ビュー画面としては見づらかったり、通常画面に戻すためにはいちいち「編集を有効にする」をクリックする必要があります。

インターネットからダウンロードしたファイルならまだしも、会社内のサーバからダウンロードしたや社内メールの添付ファイルがほとんどであれば、「保護されたビュー」はオフにした方が作業効率が上がります。

「保護されたビュー」を解除する方法

それでは、「保護されたビュー」をオフにする設定をご紹介します。この設定後、全Wordファイルで解除されますので、ご注意ください。

まずWordを立ち上げ、「ファイル」タブ->「オプション」->「セキュリティセンター」に進んでいき、「セキュリティセンターの設定」をクリックします。
f:id:rikei_iot:20180518203800p:plain

次に、左サイドバーの「保護されたビュー」をクリックし、表示されている3つのチェックボックスを全てオフにします。
f:id:rikei_iot:20180518203809p:plain

最後に、左サイドバーの「ファイル制限機能の設定」を選択し、「開く」と「保存」のチェックボックスを全てオフにします。
f:id:rikei_iot:20180518203816p:plain

オフにした場合の注意事項

この設定方法では、赤く表示される「このファイルに問題が見つかりました」のバーを消すことはできません。また、本設定によりセキュリティは低くなりますので、自己責任の上設定を行ってください。

スポンサーリンク

 

まとめ

Wordファイルを開いたときに表示される「保護されたビュー」をオフにする方法をご紹介しました。

信頼されたWordファイルしか開かない場合は、この設定を採用して作業効率化を図ってみてはいかがでしょうか。


コメント