【Windows 7/8.1/10対応】シャットダウンするbatファイル

スポンサーリンク
この記事は 約4 分で読めます。

普段の仕事では、事務用PCとは別に開発用のWindows PCをリモートデスクトップで利用しています。リモートデスクトップにてスタートメニューを立ち上げると、「シャットダウン」の項目に「ログオフ」しかないので、通常の方法ではシャットダウンできません。
今回は、クリックするだけでログオフするbatファイルを作ってみましょう。
f:id:rikei_iot:20170529115953j:plain


スポンサーリンク

スポンサーリンク

batファイルとは

batファイルとは、Windowsのコマンドプロンプトに実行させるコマンドファイルで、拡張子が”.bat”となるファイルのことです。
batファイルを作成しておけば、後述のシャットダウンコマンドを実行するだけで、コマンドプロンプトが立ち上がり、シャットダウンを実行することができます。
 

シャットダウンコマンド

シャットダウンはコマンドプロンプト上で、以下をタイプしてください。

ここで、shutdown以下のオプションについて説明します。特によく使う2つは覚えておきましょう。

-sシャットダウンする(これを入力しないとシャットダウンしない)
-t [秒数]処理開始までのタイムアウト時間(秒)を指定。何も指定しないと30秒。

この他にも以下のようなオプションがあります。

オプション 機能
-i GUIインターフェイスを表示する。GUIインターフェイスでのデフォルト・タイムアウトは20秒である
-l ログオフする
-r 再起動する
-a shutdown実行の中止(Abort)
-m \\コンピュータ名 リモート・コンピュータにログオフ/電源オフ/再起動を指示する。 ログオフ(-l)オプションとは併用できない
-c “コメント” イベントログに書き込まれるコメントを記入する
-f 実行中のプロセスを警告なしで閉じる
-d uあるいはp:XX:YY イベントログに書き込む電源オフ/再起動の理由コードを指示する。 ユーザー・コードなら「u」、計画されたコードなら「p」をサブオプションに指示し、 重大な理由コードをxxに、重大でない理由コードをyyに記入する

 

ファイルを作成する

60秒後にシャットダウンする処理をbatファイルに記載してみましょう。
まずメモ帳を開き、以下をコピペします。

コマンドプロンプト上ではshutdownだけでしたが、今回は.exeが必要です。
f:id:rikei_iot:20170529115949j:plain

次にファイル名を付けて保存します。以上で完了です。

スポンサーリンク


 

◆まとめ
今回はWindowsでリモートデスクトップを実施する場合のbatファイルの作成についてご紹介しました。
リモートデスクトップで作業する場合は非常に便利なので、ぜひ試してみてください。

 


コメント