【PC使いこなし術】Windows8でディスククリーンアップとデフラグのやり方

スポンサーリンク
この記事は 約4 分で読めます。

SurfaceなどWindows8/8.1では、スタートアップメニューからディスククリーンアップデフラグが消えてしまいました。

今回は、これら処理をWindows8/8.1で実行する方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ディスククリーンアップ、デフラグとは?

PCを使用していると、アプリやブラウザなどで作成される一時ファイルが作成されます。

これらの不要なファイルを完全に削除し、ディスクの空き容量を増やす機能がディスククリーンアップです。

 

また、ディスクにデータを書き込む際、PCはデータが入れられる隙間が空いている場所にデータを入れていきます。

そのため、ディスクは必ずしも整理されてデータが収納されているわけではなく、色々なデータがあっちこっちに収納(断片化)されており、データを見つける時間がかかってしまします。

 

このデータが断片化した状態を整理するのがデフラグです。

これらのアプリを定期的に実行することで、PCのデータ処理速度を維持することができ、快適にPCを使うことができます。

ディスククリーンアップの方法

Windows8/8.1でディスククリーンアップを実施する手順をご紹介します。

1.アカウントログイン

ディスククリーンアップを実施したいユーザアカウントでPCにログインします。

2.エクスプローラの起動

パソコンでフォルダなどをダブルクリックし、エクスプローラーを起動します。

3.ディスククリーンアップの起動

まず、エクスプローラの左カラムに表示されるPCを選択します。

次にディスククリーンアップを行うドライブを選択します。

最後に上のツールバーから管理を選択し、
クリーンアップを選択します。

f:id:rikei_iot:20170908180603p:plain

 

後はWindow7までと同様にクリーンアップを実行してください。

 

なお、デフラグを実施したい場合は、クリーンアップの左にある最適化を選択してください。

まとめ

今回はWindows8/8.1でクリーンアップとデフラグの実施手順をご紹介しました。
定期的にディスクをお掃除して快適なPCライフを満喫しましょう。


コメント