【iOS 11】動画スクリーンショット「動画収録」の使い方

スポンサーリンク
この記事は 約5 分で読めます。

iOS11より動画でスクリーンショットを保存する”動画収録”機能が登場しました。
今回は、”動画収録”の使い方と使用上の注意をご紹介します。
f:id:rikei_iot:20171019001612j:plain

 

理系王子
理系王子

ちなみに、iPhone/Mac/Appleガジェットに関する記事で人気なのはこちらの記事です。こちらもぜひお読みください。

スポンサーリンク

動画収録とは?

動画収録は、iOS11から登場した動画で自身のiPhoneのスクリーンショットを保存する機能です。

これまでiPhoneの画面を録画するには、PCでQuick Time Playerによる方法や、非公式アプリによる方法がありましたが、iOS 11以降であれば、iPhone単体だけで簡単に動画でスクリーンショットを保存できます。

動画収録の使い方

それでは、動画収録の使い方をご紹介します。

1.動画収録ボタンの配置設定

まず、設定->コントロールセンターを開きます。

コントロールセンターとは、ホーム画面でスワイプした時に出てくる頻繁に使う機能へのショートカットをまとめた画面です。
f:id:rikei_iot:20171019002812p:plain:h700

次に、”コントロールをカスタマイズ”を選択します。
f:id:rikei_iot:20171019003000p:plain:h700

カスタマイズ画面で、”画面収録”の項目でプラスボタンをタップします。
f:id:rikei_iot:20171019003012p:plain:h700

ホーム画面に戻り、画面を下からスワイプします。
すると、二重丸マークの”画面収録”が出てくるのでタップします。

画面収録を使いたい時は、コントロールセンターから起動することを覚えておきましょう。
f:id:rikei_iot:20171019003916p:plain:h700

2.動画収録の実施と停止方法

動画収録をタップすると、アイコンに「3、2、1」とカウントダウンが表示されます。
カウントダウンが0になった状態から画面収録がスタートします。

画面収録中は、iPhoneの画面上部が赤く縁取られます。
f:id:rikei_iot:20171019004556p:plain

画面収録を終了する場合は、この画面上部の赤い部分をタップすると、
停止ボタンが出てきますので、タップすると保存を終了します。

コントロールパネルから画面収録を再タップしても停止できます。
f:id:rikei_iot:20171019004646p:plain

3.保存した動画の確認

保存した動画は、写真アプリ内のビデオアルバム内に保存されます。

ビデオアルバムは、写真アプリ->アルバム->ビデオで開くことができます。

動画収録できないアプリ

動画収録は、SafariなどのブラウザやYouTubeなどの動画も保存できます。

しかし、AbemaTVやAmazon Prime TVなど、一部のアプリでは著作権の問題から動画収録ができないので、ご注意ください。

  • 動画収録できるアプリ
    • Safari
    • YouTube
    • Dailymotion
    • TVer(ティーバー)
    • niconico
  • 動画収録できないアプリ
    • AbemaTV
    • Amazon Prime Video
    • Netflix

まとめ

今回はiOS11から登場した”動画収録”の使い方をご紹介しました。
ゲームの攻略動画や、YouTube動画の切り取りなどにぜひ活用してください。

 


コメント

  1. iOSの録画した動画を収録できることですか

  2. rikei_iot より:

    コメントありがとうございます。
    スクリーンショットを動画で残すことができる機能のご紹介です。例えば、ゲームアプリで強敵を倒したシーンを動画で残しておき、攻略サイトにそのまま投稿する、なんてこともできます。

  3. iPhoneの動画録画でもスクリーンショットと言えますか?

  4. rikei_iot より:

    スクリーンショットの動画版ということで、「動画スクリーショット」とご紹介しています。