【修理前は必ずオフに】iPhoneを探すをオフにする方法

スポンサーリンク
この記事は 約3 分で読めます。

iPhoneを修理に出す際やバックアップから復帰する場合には、iPhoneを探すをオフにする必要があります。今回はiPhoneを探すをオフにする方法をご紹介します。
f:id:rikei_iot:20180101190018j:plain

 

理系王子
理系王子

ちなみに、iPhone/Mac/Appleガジェットに関する記事で人気なのはこちらの記事です。こちらもぜひお読みください。

スポンサーリンク

「iPhoneを探す」とは?

「iPhoneを探す」は設定しておくことで、iPhoneをなくしてしまった場合でも本機能を使って置き忘れた位置を確認することができます。

本機能はiPhone以外にもiPad、iPod touch、Apple Watch、AirPodsにも同様の探す機能があります。万一の紛失に備え、普段は設定して置きましょう。

iPhoneを探すをオフにする理由

「iPhoneを探す」は便利な機能ですが、オンになっているとアクティベーションロック機能が働き、復元ができなくなります

そのため、修理交換時やバックアップから復帰させる場合には、アクティベーションロックを解除するために「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。

iPhoneを探すをオフにする方法

まず、ホーム画面にある歯車マークの「設定」をタップし、「ユーザ名」をタップします。「ユーザ名」は自身の名前などが表示されます。
f:id:rikei_iot:20180319165152p:plain:w250

「iCloud」をタップします。
f:id:rikei_iot:20180319165157p:plain:w250

割と下の方にある「iPhoneを探す」をタップします。画像ではiPod touchを使っているため、「iPodを探す」となっています。
f:id:rikei_iot:20180319165203p:plain:w250

「iPhoneを探す」をオフにします。
f:id:rikei_iot:20180319165208p:plain:w250

修理後に戻ってきた後は、「iPhoneを探す」をオンに戻して置きましょう。

まとめ

今回はiPhoneを探すをオフにする方法をご紹介しました。
修理に出す前やバックアップから復帰する場合は、「iPhoneを探す」をオフにしておきましょう。


コメント