ZEH補助金の概要と補助金の推移

スポンサーリンク
この記事は 約5 分で読めます。

住宅を購入する際に受けられる補助金の1つとしてZEH(ゼッチ)補助金という制度があります。今回は、ZEH補助金の概要と補助金をもらうために必要な基本的な要件についてご紹介します。
f:id:rikei_iot:20180317145240j:plain

スポンサーリンク

ZEHとは?

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称であり、「住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅」を指します。もう少しわかりやすく言えば、住宅を高断熱にし、高性能の設備機器を導入し、太陽光発電設備を設置した住宅を指します。
f:id:rikei_iot:20180316191406p:plain

ZEH補助金の推移

ZEH補助金の要件を満たすことで、国(経済産業省)から補助金が給付されます。過去の補助金の金額は以下の通りです。

年度 補助金 蓄電システム 補助件数
平成24年 上限350万円*1 なし 443件
平成25年度 上限350万円*1 なし 1,055件
平成26年 上限350万円*1 なし 938件
平成27年度(26年補正) 定額130万円/戸 なし 6,146件
平成28年 定額125万円/戸 5万円/kWh(上限50万円*2 6,322件
平成29年度 定額75万円/戸 4万円/kWh(上限40万円*2) 7,693件
平成30年度 定額70万円/戸 3万円/kWh(上限30万円*2) 未定

ZEH補助金の創設当初は、最大で350万円もの補助金がありましたが、平成30年度には70万円まで減額される見通しです。これはZEHがある程度普及し、ZEH要件を満たすための高断熱化や省エネ機器、太陽光発電システムの価格が下がったことを考慮しています。



ZEH補助金の要件

ZEHの定義だけでは曖昧なので、補助金をもらうために満たさなければならない要件が定義されています。平成26年度の補正事業以降に、現在のZEH基準の大枠が制定されました。具体的な条件は以下の通りです。

ZEH補助金の要件

① 強化外皮基準(例:東京6地域では、UA値≦0.6[W/㎡k])
② 基準一次エネルギー消費量*320%以上削減
太陽光発電など再生可能エネルギー導入(例:太陽光発電システム)
④ ①~③により基準一次エネルギー消費量から100%削減

ZEH要件のち、②~③のエネルギーの関係をまとめたのが、以下の図です。ZEHと表現されているエリアを満たすことが求められます。再生可能エネルギーなどにより75%以上削減できた場合はNearly ZEHとなり、住宅ローンの優遇や省エネ住宅ポイントの対象になりますが、本ZEH補助金の要件は満たせません。

f:id:rikei_iot:20180316191354p:plain

まとめ

ZEH補助金の概要についてまとめました。
住宅の購入をご検討されている方は、ZEH住宅も選択肢の①つとして考えてみてはいかがでしょうか。

*1:補助対象費用の原則1/2以内

*2:補助対象経費※3 の1/3または40万円のいずれか低い金額

*3:基準消費エネルギーは、暖房冷房、環気、照明、給湯に使用されるエネルギーのみ考慮


コメント