Pythonで1次元リストを2次元リストに変換する方法

スポンサーリンク
この記事は 約2 分で読めます。

今回は、Pythonで1次元配列を2次元配列に変換する方法ついてご紹介します。

なつめ
なつめ

本記事は「ある程度他のプログラミング言語の経験はあるけど、あまりPythonは使ったことがない人を対象としたチートシート」です。私自身の備忘録的な感じでまとめています。


スポンサーリンク

1次元リストの2次元リストに変換

import numpy as np
list = [0,1,2,3,4,5]
np.array(list).reshape(2,3).tolist()

# [[0, 1, 2], [3, 4, 5]]
なつめ黒猫
なつめ黒猫

上のコードでは、リストをndarrayに変換してから、reshapeを使って2次元配列に変換いるよ

スポンサーリンク

まとめ

今回は、Pythonでリスト1次元配列を2次元配列ndarrayに変換する方法についてご紹介しました。

  • リストをまずはndarray1次元配列に変換
  • ndarray1次元配列をreshapeメソッドで2次元に変換

他にもPythonのおすすめ記事をこちらにまとめました。

なつめ黒猫
なつめ黒猫

星の数は記事で紹介しているプログラミングの難易度を示しているよ。自分のレベルに合わせて読んでみてね。

理系王子
理系王子

また、Pythonをもっと勉強してAIエンジニアの資格取得や転職にチャレンジしてみたいという方には、Aidemyがおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

人工知能AIやpythonプログラミングを初心者でも学べるオンライン学習Aidemyの評判
人工知能AIに特化したオンラインのプログラミングスクール「Aidemy」プレミアムの評判や口コミ、Python言語を使った学習内容や実際に作るAIアプリ例、他のスクールとの受講料や期間を比較して、分かりやすくご紹介します。

 

また、AIで転職したい人はこちらの記事もおすすめです。

高収入なAIエンジニアに転職するならPythonが有利な4つの理由
AIエンジニアに転職するならプログラミング言語「Python」を勉強した方が有利な理由をご紹介しています。
AIエンジニアの求人がさらに好待遇になる4つの理由
AIエンジニアが好待遇で求人される理由についてご紹介します。
Pocket

コメント