【Pythonチートシート】ファイル読み込み、ファイル書き込みの方法

スポンサーリンク
この記事は 約4 分で読めます。

今回は、Pythonでファイルの読み込みと書き込みの方法について、ご紹介します。

なつめ
なつめ

本記事は「ある程度他のプログラミング言語の経験はあるけど、あまりPythonは使ったことがない人を対象としたチートシート」です。私自身の備忘録的な感じでまとめています。

スポンサーリンク

ファイル入出力のチートシート

  • ファイル読み込み
    • open関数:1行ずつ読み込み
    • read_csv関数:pandasインポート
    • read_excel関数:pandasインポート
  • ファイル書き込み
    • open→writeメソッド:1行ずつ書き込み
    • to_csv関数:pandasインポート
    • to_excel関数:pandasインポート

ファイルの読み込みのやり方

open関数

fileName = "./sample.txt" # カレントディレクトリ下のファイルを選択
f = open(fileName, mode = "r", encoding="utf-8")
for i in f:
	k = i.strip() # スペース、タブ、改行を削除
	print(k)

read_csv関数

import numpy as np
import pandas as pd
data = pd.read_csv("./sample.csv", delimiter=",")

read_excel関数

import numpy as np
import pandas as pd
data = pd.read_excel("./sample..xlsx", sheet_name="Sheet1")
スポンサーリンク

ファイルの書き込み

writeメソッド

fileName = "./output.txt"
f = open(fileName, mode = "w", encoding="utf-8")
for i in range(10):
	f.write(str(i) + "\n")
f.close()

to_csv関数

import numpy as np
import pandas as pd
data.to_csv("./sample.csv", sep=",")

to_excel関数

import numpy as np
import pandas as pd
data.to_excel("./sample.xlsx")
スポンサーリンク

まとめ

今回は、テキストやcsvファイルの読み込みと書き込み方法についてまとめました。

なつめ
なつめ

自分はデータを扱うときはほとんどcsv_readを使っています。

書き込み時は変数がリストか行列かによって、f.writeto_csvを使い分けています。

Pocket

コメント