【おしゃれな電源タップ】Power Cubeを使ってみた感想

スポンサーリンク
この記事は 約3 分で読めます。

以前紹介したPower Cubeを使ってみた感想を改めて書きます。

 

理系王子
理系王子

ちなみに、ガジェット/電化製品に関する記事で人気なのはこちらの記事です。こちらもぜひお読みください。

スポンサーリンク

前回まで

以前のレビュー記事です。
やや大きいのが気になるものの、デザインがおしゃれなのが気に入りました。

【おしゃれな電源タップが日本上陸!】Power Cubeを使ってみた!
オランダ発のおしゃれな電源タップ、"Power Cube" を購入したので、レビューいたします。

コンセントに挿して見た結果

自宅の壁コンセントに挿した結果です。
1辺が7.4cmあるため、下に挿したコンセントと少し重なりあってしまします。
結果として、Power Cubeが少し斜めになっています。

f:id:rikei_iot:20170718001136j:plain

真横から写真を撮った図です。
下に挿したコンセントも斜めになっており、プラグが少し見えているのが分かります。

f:id:rikei_iot:20170718001139j:plain

結論としては、プラグの歯が見えているのはトラッキング火災を引き起こす可能性があり、非常に危険です。
そのため、Power Cubeを使う場合は下のコンセントを空けるか、延長タップを使うようにしましょう。

コンセントとプラグのすき間に大量のホコリが蓄積され、それが湿気を帯びた場合に漏電することがあり、経時と共に漏電部が沿面放電し炭化、炭化部から発火する。これをトラッキング現象と呼ぶ。
漏電 – Wikipedia

スポンサーリンク

まとめ

Power Cubeを使って見た感想として、おしゃれでタップ数も多いのですが、片方のコンセント口を塞い絵しまう場合があるので注意してください。


コメント