TVをAirPodsで聴く!Bluetoothトランスミッター(MR270)のススメ

スポンサーリンク
この記事は 約7 分で読めます。

f:id:rikei_iot:20180520143541j:plain

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」を持っている方なら、自宅のテレビもAirPodsで聴きたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

今回は「Bluetoothトランスミッター MR270」を使って、テレビをAirPodsに繋げて使う方法をご紹介します。

 

理系王子
理系王子

ちなみに、ガジェット/電化製品に関する記事で人気なのはこちらの記事です。こちらもぜひお読みください。

スポンサーリンク

TVでAirPods接続するには何が必要?

こまり猫
こまり猫

TVをAirPodsで聞きたいけど、何を用意すればいいのかな?

なつめ
なつめ

TVがBluetoothに対応していない場合は、Bluetoothトランスミッターがあれば大丈夫!

僕はAugustのMR270というデバイスを使っているよ。

 

我が家のテレビはBluetooth非対応のため、Bluetoothトランスミッターでテレビの音声信号をAirPodsまで飛ばしてあげる必要があります。

 

数あるBluetoothトランスミッターの中で僕が購入したのは、AugustのMR270という商品です。

こちらの商品はAmazonレビュー数が100件以上で評価も星4を超えており、コンパクトでテレビ台に置いても邪魔にならないという点で、購入に至りました。

MR270は充電式なので常に電源ケーブルに接続している必要はなく、オーディオプレイヤーやラジオなどイヤホンジャック端子がある機器であれば使うことができます。

スポンサーリンク

August MR270の開封レビュー

August MR270を開封した状態です。

左から「ワイヤレストランスミッター(本体)」「充電用USBケーブル」「3.5mm2XRCAオーディオケーブル」「3.5mmオーディオケーブル」となっています。

f:id:rikei_iot:20180520145506j:plain

 

なつめ
なつめ

あと説明書も入っているけど、和訳に違和感があるのでほとんど見ないで使っています。

スポンサーリンク

August MR270の使い心地は?

テレビをワイヤレスイヤホンで聴く場合のポイントとなるのは、「タイムラグ」「音質」の2つです。

 

特に「タイムラグ」はラジオや音楽と違って、テレビに映る人の口の動きと合わずに違和感を感じてしまうと、気持ち悪くて使いにくくなります。

逆に「音質」は、テレビは人の話し声が中心のため、それほど重視しなくても十分です。

タイムラグはほとんど感じない!

August MR270は「apt-X Low Latency」という規格を採用しており、遅延時間は40ms以下です。

なつめ
なつめ

使ってみても、テレビの動きと音声のタイムラグはほとんど体感しなかったよ!

 

AirPodsは「apt-X Low Latency」に対応していなく、MR270とはSBCという標準的なコーデック規格でつながるようです。

一般的に、apt-Xよりも遅延や音質で劣るようです。

音質はテレビレベルなら十分!

August MR270は「apt-X」対応のため、高音質な音声を楽しむことができます。

しかし、AirPodsはapt-X非対応のため、高音質を期待されている方にとっては物足りないかもしれません。

なつめ
なつめ

AirPodsの音質レベルで不満がなければ、問題ないレベルで使えるよ!

スポンサーリンク

MR270を使ったTVとAirPodsの接続方法

接続方法はすごい簡単です。

手順を覚えてしまえば、AirPodsをMR270とiPhoneでペアリングを切り替えるのもすぐにできます。

 

まず、本体に「充電用USBケーブル」を使い充電しておきます。約1.5時間の充電で連続15時間使用可能となります。

 

次に、テレビとMR270のイヤホン端子に「3.5mmオーディオケーブル」で接続します。

接続したら、MR270の電源ボタンを長押ししてONにします。電源ボタンはイヤホン端子と同じ側にあります。電源を入れると、本体正面の2つのLEDが白色に点灯します。

f:id:rikei_iot:20180520165050j:plain

 

最後にAirPodsとMR270をペアリングします。

MR270の上面にあるBluetoothマークのボタン1または2を長押しして、ペアリングモードにします。

なつめ
なつめ

ペアリングモードになると、LEDが白と青で点滅するよ。

 

AirPods側もイヤホンをケースに閉まって蓋を開けた状態で、ケース背面にあるボタンを長押しします。

AirPodsのケースを開いた部分が白く点滅します。

f:id:rikei_iot:20180520201409p:plain

 

ペアリングが完了すると、MR270のLEDランプが青色に点灯します。

MR270は最大2つのワイヤレスイヤホンを接続できるので、ボタン1側がすでにペアリングしてあっても、ボタン2側で別のイヤホンとペアリングできます。

省エネ機能として接続している端末がない場合は、自動的に30分後に電源がオフになるようになっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回はテレビをAirPodsで聴く方法として、Bluetoothトランスミッター「August MR270」を使った方法をご紹介しました。

AirPodsをお持ちの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。


コメント

  1. 名無し より:

    airpodsはaptxllに対応していないですよ