ITP2.0のアフィリエイトへの影響はまだ小さい?AnalyticsでSafari+iOS12からのアクセスを調べてみた

スポンサーリンク
この記事は 約6 分で読めます。

f:id:rikei_iot:20180924143714j:plain

いよいよITP2.0に対応したiOS12がリリースされて1週間ほど経ちました。

 

以前の記事で、ITP2.0がアフィリエイトにどう影響するのか、各ASPのITP2.0への対応状況をご紹介しましたが、実際に当サイトや他の大手サイトのITP2.0の影響を調べてみました。

スポンサーリンク

ITP2.0とは?

ITPとは、“Inteligent Tracking Prevention”の略で、Apple社が規定した広告トラッキング対策の規格です。簡単に言えば、ブラウザでのユーザの行動追跡が抑制される機能で、アフィリエイターにとって大きな影響を与えると言われています。

 

ITPの改定内容や有名ブロガーのITP2.0に対する対応などについては、こちらの記事でまとめていますのでぜひご覧ください。

https://rikei-danshi.work/entry/2018-09-12-ITP

 

また、各ASPのITP2.0の対応状況はこちらの記事でまとめていますので、合わせてご覧ください。

https://rikei-danshi.work/entry/2018-09-19-ITP

スポンサーリンク

当サイトのITP2.0の影響を調べてみた

Google Analyticsを使って当サイトのITP2.0の影響、つまりiOS12でアクセスするユーザ数を調べてみました。

 

こちらが先週1週間の調査結果です。Safariのアクセス数は全体の33.39%でした。

 

GoogleAnalyticsによるブラウザ別ユーザ数

 

次にSafariのOS別のアクセス数について調べてみます。iOS12によるアクセスは11.72%でした。

SafariのOS別アクセス数

 

以上を掛け算すると、ITP2.0に対応したSafari+iOS12からのアクセスは全体のわずか3.91%でした。

 

予想よりもかなり低い数値になったのは、iOS12へのアップデートは過渡期であることが考えられます。

スポンサーリンク

ちなみに他の人の状況は?

当サイトでは残念ながらアクセス数が少ないので、よりアクセス数が多いサイトでの影響を見てみましょう。

 

月間アクセスが380万PVを超える「クレジットカードのよみもの」様では、Safari+iOS12の割合は全体の6%だそうです。

 

月間アクセスが10万PVを超える「不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ」様では、Safari+iOS12の割合は全体の5%だそうです。

 

こうして見ると、Safari+iOS12によるアクセスは全体の4〜6%以下に落ち着いているようです。

スポンサーリンク

まとめ

ITP2.0によるアフィリエイト収入減が話題となっていますが、現在のところITP2.0に対応したSafari+iOS12によるアクセスはまだ少ないようです。

 

ですが、iOS12がリリースされてばかりの過渡期のため、今のうちから対策しておくことをおすすめいたします。各ASPのITP2.0への対応状況はこちらから確認できます。

各ASPのITP2.0の対応状況まとめ
いよいよITP2.0に対応したiOSがリリースされました。 以前の記事で、ITP2.0がアフィリエイトにどう影響するのかを書きましたが、今回は有名なASPのITPへの対応状況について調べました。 更新 20...

コメント