AWS認定試験の申し込み方法と注意点

スポンサーリンク
この記事は 約7 分で読めます。

こんにちは、なつめです。

AWS認定試験を近日受験しようかと思っています。今回は実際に申し込んでみて分かった、AWS認定試験の申込み時の注意点についてまとめてみました。
f:id:rikei_iot:20180731184159p:plain

スポンサーリンク

AWS認定試験の特徴

AWS認定試験は、TOEICや情報処理試験のように年に数回開催されるわけではなく、SPIのようにテストセンターで好きな時間に受験できます。基本的にテストセンターは平日のAM10:00~PM4:00くらいまでやっていますので、学校や仕事の隙間を見つけて受験しましょう。

 

AWS認定に関しては以下記事をご参照ください。AWS認定の種類や試験内容について紹介しています。

https://rikei-danshi.work/entry/2018-07-30-AWS

スポンサーリンク

認定試験の申し込み方法

AWS認定ログイン

まず、こちらからAWS認定のページを開きます。開いたページの下の方にある「AWS認定の詳細」まで進み、受験したい認定資格をタブから選択し、「今すぐ申し込む」を選択します。今回は、クラウドプラクティショナーを例にして、進めていきます。
f:id:rikei_iot:20180731184223p:plain

 

進んだページで「AWS認定アカウント」をクリックします。サインインしていない場合は、AWS Trainingのアカウントでログインする画面が表示されるので、ログインしましょう。
f:id:rikei_iot:20180731184227p:plain

 

過去にAWS認定を受験したことがなく、AWS認定アカウントを作成していない場合「新しいAWS認定アカウントを作成するには、ここをクリックしてください」をクリックします。AWS Trainingのアカウントは作ってある方もこちらをクリックしてください。
f:id:rikei_iot:20180731184230p:plain

 

ここでは、認定アカウントを作成します。デフォルトでは、AWS Trainingで登録されている情報が表示されますが、姓名を日本語で入力していた場合はエラーになりますので、英語で入力しましょう。入力したら「はい」をクリックします。
f:id:rikei_iot:20180731184234p:plain

 

以下ページが表示されれば、AWS認定アカウントが連携されました。「新しい試験の予約」をクリックして、試験の予約に進みます。
なお、「お客様の人口統計情報は完了していません」と表示される場合は、ユーザ情報に未記入項目が残っているため、「人口統計」のリンクをクリックして、情報を入力しておきましょう。
f:id:rikei_iot:20180731184238p:plain

スポンサーリンク

試験日程の予約

ここからは試験日程の予約を行います。眼鏡のお姉さんが微笑んでいるページに進みましたら、受験する試験項目にある「日程の決定」をクリックします。
f:id:rikei_iot:20180731184242p:plain

 

進んだページで最寄りのテストセンターを検索します。言語や住所などの情報を入力して、「テストセンターの検索」をクリックします。
f:id:rikei_iot:20180731184247p:plain

 

条件に合ったテストセンターが検索されますので、希望のテストセンターをクリックします。
f:id:rikei_iot:20180731184251p:plain

 

受験可能な月日と利用可能な開始時間が表示されます。希望の日付と時間帯を選択しましょう。比較的競争は激しくありませんが、翌日などはなかなか空いていないので、直前の申し込みは要注意です。
f:id:rikei_iot:20180731184255p:plain

 

内容を確認して「続行」をクリックします。
f:id:rikei_iot:20180731184258p:plain

スポンサーリンク

受験料の支払い

ここからは受験料の支払いです。

バウチャーや割引クーポンがある場合は、「バウチャー/割引クーポン」にコードを入力し、「適用する」をクリックします。バウチャーは、会社などで経費でAWS認定を受験する場合に、人数分の受験料を先払いする際などに利用します。

個人で受験する場合は、クレジットカードの情報を入力します。

全て入力が済んだら、一番下のチェックボックスを忘れずにチェックしましょう。これをチェックしないと、支払いボタンが有効にならないので要注意です。チェックが終わったら「すぐに支払う」をクリックします。
f:id:rikei_iot:20180731184303p:plain

 

支払いが完了すると、AWS認定試験の内容が表示されます。試験時の注意事項や必要な身分証明証が記載されていますので、コピーしておきましょう。「ダッシュボードへッ進」をクリックすると、初めの画面に戻ります。
f:id:rikei_iot:20180731184307p:plain

 

試験申し込みの初期画面です。日程決定済みとして、申し込んだAWS認定と日時、場所が表示されます。
f:id:rikei_iot:20180731184311p:plain

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はAWS認定試験の申込方法と注意点について、ご紹介いたしました。

 

また、AWSなどのクラウドでの環境構築を勉強したいのであれば、「TECH::CAMP」がオススメです。専属のアドバイザーがついてくれるので、短期集中でクラウド開発に必要なプログラミング技術を身に着けることができます。「TECH::CAMP」AWS認定での資格取得によるスキルアップで、もう一段上のエンジニアへステップアップしましょう!

 

また、AWS認定対策の参考書は、ソリューションアーキテクト アソシエイトの参考書しか発売されていませんが、AWS認定を受験する際には見ておきたい1冊です。

 

AWS認定に関して、こちらの記事もぜひご参照ください。

AWS認定クラウドプラクティショナーの例題とその解説 Part1
AWS認定試験のうち入門にあたる「クラウドプラクティショナー」が2018年より新設されました。クラウドプラクティショナーの試験内容と解答例についてご紹介いたします。

https://rikei-danshi.work/entry/2018-07-31-AWSCloudPractioner_1


コメント