リモートデスクトップ接続ができない場合の10の対応方法

スポンサーリンク
この記事は 約11 分で読めます。

外出先のノートPCから自宅のパソコンにアクセスするなど、Windowsに標準搭載のリモートデスクトップは非常に便利な機能です。

こまり猫
こまり猫

あれれ?

リモートデスクトップがうまくつながらないよー。

なつめ黒猫
なつめ黒猫

そんな場合はリモートデスクトップに関するPCの設定を見直してみよう!

今回はリモートデスクトップ接続ができない場合の解決方法を10個をご紹介いたします。

スポンサーリンク

リモートデスクトップ接続って?

リモートデスクトップとは、手元にあるパソコンからネットワークで接続された他のコンピュータを操作する技術を言います。

一般的には、オフィスなどで同じイントラネットに接続された環境下で、サーバなどにログインすることが多いのではないでしょうか。

なつめ黒猫
なつめ黒猫

最近だと、自宅勤務で自宅に持ち帰ったPCから会社PCにリモートデスクトップ接続するケースも増えてきているんじゃないかな。

スポンサーリンク

リモートデスクトップが接続できない場合の7つの解決策

そんな便利なリモートデスクトップ接続ですが、つながらなくなるというトラブルが多いのも事実です・・・

 

こまり猫
こまり猫

接続できない理由が分からず、結局丸一日費やしてしまったこともよくあるよね。

 

今回は、そんな僕の経験をもとに「リモートデスクトップが接続できない場合に、まず試しておきたい7つの解決策」をご紹介します。

スポンサーリンク

①リモートデスクトップが許可されているか?

リモートデスクトップされる側のPCが、許可されているかを確認しましょう。

まず、コントロールパネルから「システムとセキュリティ」をクリックし、「リモートアクセスの許可」へ進みます。

f:id:rikei_iot:20180822200256p:plain

 

開いたウィンドウの「リモート」タブの下にある「このコンピュータへのリモート接続を許可する」にチェックが入っているかを確認します。

f:id:rikei_iot:20180928175303j:plain

 

注意!

このとき、「ネットワークレベル認証で・・・」のチェックは外しておきましょう。まずはセキュリティレベルを下げて、リモート接続できるようになってから元に戻します。

スポンサーリンク

②ユーザアカウントが設定されているか?

先ほどの「システムのプロパティ」の画面から、次に右下にある「ユーザーの選択」をクリックし、「追加」へ進みます。

 

リモートデスクトップユーザー

「ユーザの選択」に進んだら左下の「詳細設定」を選択し、次の画面で「検索」を押します。

 

すると、ログインするアカウントが表示されるので、選択してOKを押します。

f:id:rikei_iot:20180822200304p:plain

スポンサーリンク

③Windowsファイアウォールが許可されている?

Windowsファイアウォールの設定により、リモートデスクトップが弾かれる場合があります。

 

「コントロールパネル」→「Windowsファイアウォール」を開き、左のペインにある「Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」を選択します。

f:id:rikei_iot:20180928180527j:plain

リモートデスクトップにチェックを入れ、プライベートとパブリックの両方にチェックを入れます。

 

チェックを入れたら、OKを押して他の画面も閉じます。

f:id:rikei_iot:20180822200308p:plain

 

なつめ黒猫
なつめ黒猫

チェックボックスがクリックできない場合は、右上の「設定の変更」をクリックしよう!

 

スポンサーリンク

④リモートデスクトップの通信プロパティが許可されているか?

通信プロパティで、リモートデスクトップが拒否されている場合があります。

 

まず、コントロールパネル内の「システムとセキュリティ」にある「管理ツール」を開き、「セキュリティが強化されたWindows Defenderファイアウォール」に進みます。

f:id:rikei_iot:20180822200323p:plain

 

新しい画面が開くので、一番左のペインで「受信の規則」を選択し、中央のペインで「リモートデスクトップ ユーザモード(TCP)受信」を選択します。

選択した状態で、一番右のペインの「プロパティ」を選択します。

f:id:rikei_iot:20180822200315p:plain

 

プロパティ画面が開くので、「詳細設定」タブを開きます。

次に一番上のプロファイルになる「ドメイン、プライベート、パブリック」を全てチェックします。

最後にOKを押して全ての画面を閉じます。

スポンサーリンク

⑤コンピュータ名があっているか?ドメインは一致しているか?

リモートデスクトップ時のコンピュータ名が誤っていると、接続できません。

コントロールパネル→システムとセキュリティ→システムと進み、下部にあるコンピュータ名を確認します。

f:id:rikei_iot:20180928181519j:plain

まず、リモートデスクトップでコンピュータ名を使用している場合は、指定したコンピュータ名が一致しているか確認しましょう。

そして、リモートするPCとリモートされるPCのドメインが一致しているか確認します。

スポンサーリンク

⑥ルータでIPフィルタされていないか?

ルータでIPフィルタを設定している場合は、リモート接続で使用するPCのIPやリモート接続のポートが塞がれていないか確認しましょう。

 

WIndowsのリモートデスクトップ接続のTCPポートは3389ですので、ここは必ず開けておきましょう。

また、リモートデスクトップからの応答としてエフェメラルポートが使用されることがあるので、ポート番号49152~65535も空けておいた方がベターです。

スポンサーリンク

⑦ルータのポート変換を設定しているか?

モバイルWi-Fiの下位にブロードバンドルータを設置するなど、ルータを多段で組んでいる場合は、ルータで「ポート変換」を設定する場合があります。

このポート変換機能を使っている場合は、IPフィルタと同様に3389ポートの変換も追加しておきます。

スポンサーリンク

⑧リモートデスクトップのバージョンがあっているか?

リモードデスクトップを行うPC同士のWindowsOSが違うとリモートデスクトップのバージョンも異なり、接続できない場合があります。

リモートデスクトップのバージョンを確認するには、コマンドプロンプトを立ち上げて、以下コマンドを入力すれば調べられます。

 

なつめ黒猫
なつめ黒猫

コマンドプロンプトは「Windowsキー+Rキー」の後、「cmd」と打ち込めば起動できるよ。

 

スポンサーリンク

⑨DNS設定がされているか?

ルータでDNSを設定されていない、リモートPCの名前解決できずに接続できない場合があります。

この場合、リモートPCが「DNSサーバーが応答していません」と表示され、インターネットに接続できない状態となっています。

この場合、モバイルWi-FiやルータのDNS自動取得をOFFにしていないか確認します。

 

また、自動取得しているにもかかわらずDNSサーバが応答しない場合は、手動設定にして契約プロバイダのDNSサーバを調べて設定しましょう。

スポンサーリンク

⑩Windows10の2018年5月更新プログラムによる影響

2018年5月9日のWindowsUpdateの更新プログラムにより、特定の環境でリモートデスクトップに問題が生じる場合があることが報告されています。

発生条件としては、どちらか一方だけが更新プログラムを適用した場合で再現するようです。

解決策としては、リモートデスクトップに使用する両方のPCで最新のWindowsUpdateを適用しておきましょう。

2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響
Microsoft Japan Windows Technology Support
スポンサーリンク

まとめ

今回はリモートデスクトップ時に接続できない場合の対応方法をご紹介しました。

まとめ①リモートデスクトップが許可されているか?
②ユーザアカウントが設定されているか?
③Windowsファイアウォールが許可されている?
④リモートデスクトップの通信プロパティが許可されているか?
⑤コンピュータ名があっているか?ドメインは一致しているか?
⑥ルータでIPフィルタされていないか?
⑦ルータのポート変換を設定しているか?
⑧リモートデスクトップのバージョンがあっているか?
⑨DNS設定がされているか?
⑩Windows10の2018年5月更新プログラムによる影響

なつめ黒猫
なつめ黒猫

Windows関連だとこちらの記事もよく読まれています。ぜひ読んで見てください。

【Windowsお掃除】WinSxSをクリーンアップして、PC空き容量を大幅アップ!
WinSxSをクリーンアップして、Cドライブの容量を確保する方法をご紹介します。

コメント

  1. […] リモートデスクトップに接続できない方はこちらリモートデスクトップに接続できない方はこちら⑵ […]